岩手県議会議員岩渕まことプロフィール


生年月日 1970年(昭和45年)2月25日一関市花泉町生まれ

 

経  歴   

岩手県立一関第一高校を経て明治大学政治経済学部政治学科に進む。

大学卒業後の1992IBC岩手放送に入社。以来一貫して報道畑を歩み、警察司法担

当、釜石支社(沿岸南部担当)、県政経済担当を経験。

県政キャップ、選挙キャップとしてニュース番組や特別番組での解説や聞き手を務め

たほか、JNN報道特集やニュース23にも出演した。

●2006(平成18)県議選出馬のため、IBC岩手放送退社。

2007年の県議選一関選挙区より出馬し初当選。2011年再選。

2015年の県議選で3選を目指すも27票差で落選。

2019年、県議選で雪辱を果たす

【現在】

岩手県議会総務常任委員長
立憲民主党岩手県総支部連合会政務調査会長兼副幹事長

 

実  績

県立高校や特別支援学校の施設整備、自動車産業や金色の風の開発促進や畜産振興な

どの農業分野などをはじめとした産業振興対策、栗駒山や北上川をはじめとする各級

河川の防災対策、平泉の世界遺産登録推進と「世界遺産平泉の日」の提唱、交通安全

施設整備や道路改良などの社会資本整備、文化を通じた国際交流の実現など、広い分

野にわたり尽力する。東日本大震災からの復旧復興対策では、現場での調査を踏まえ

て内陸部の住宅被害に対する支援制度の適用の必要性をいち早く県議会で提言したほ

か、放射性物質による被害回復に向けて各種団体と東京電力との直接交渉の橋渡しを務めるなど、課題解決に当たった。

    

趣  味 合唱 スポーツ観戦 読書 

Contact

メモ: * は入力必須項目です